2017年6月30日金曜日

「無言館」の絵画展にて

 20日、休みをもらって釧路市に出かけてきました。

 かねてから一度は見てみたいと思っていた「無言館」の絵画展が、釧路市の道立釧路芸術館で開かれていたのです。

 霧の釧路へ、妻と車を走らせました。



 「無言館」とは、長野県上田市にある美術館で、正式には「戦没画学生慰霊美術館・無言館」といい、今から70年前、戦場に送られ、志半ばで世を去った数多くの画学生たちの遺作・遺品を展示している美術館です。

 その「無言館」は今年、開館70周年を迎えるのを記念して、その所蔵作品の中から約130点の遺作が、今回釧路芸術館で展示されたのです。

 なにより驚き、胸に詰まるのは、作品の隣に添えられたそれぞれの説明・コメントです。

 その作者についての経歴やエピソードがつづられています。その内容が、どれもすべて胸に迫ります。

 「あと5分でいい。この絵を描かせてください」ー自分の戦地に送る会が始まってもなお、絵筆を置こうとしなった日高安典さん。絵のモデルだった恋人に「必ず生きて帰って、この絵を描くから」と言い残して戦地へ。フィリピンで戦死。享年27歳。

 妻をモデルに描いた肖像画。美術教師だった佐久間修さんは、生徒との勤労動員のさなか、爆撃を受け死亡。享年29歳。妻はこの絵を部屋に飾り「戦後ずっと修さんとの絵に見守られて生きれ来ました」と語ったという。

 一つ一つの作品に添えられたエピソードに、若き画学生たちの無念さと戦争の非情さを強く感じ、今思い出しても胸が詰まります。

 彼らが描いた作品は、家族や妻、恋人、そして故郷が多いのに気づきます。

 死が迫る中だからこそ、彼らが描きたかったのは、愛する人、愛する故郷だったのかもしれません。

 確かに、作品そのものの芸術的価値は未熟かもしれません。

 でも、人の心に響く作品、胸に迫る作品という価値でいえば、これ以上の作品はないのかもしれません。

 まさに、誰をも「無言」にさせてしまう絵画展でした。

 


紋別市長選、無投票で

 任期満了満了に伴う紋別市長選挙が11日、告示されましたが、現職の宮川良一氏以外届け出がなく、無投票で4選となりました。


 日本共産党紋別市委員会はこれまで宮川市政に対し『是々非々』の立場で対応してきました。

 これからも、宮川氏の言う『希望と感動の街づくり』とはどういうものか、しっかり見極めながら、住民の立場で積極的に提案、監視をしていきます。

 また、5月に発覚した市職員の加重収賄による逮捕・起訴事件は極めて重大です。

 2010年にも宮川市政のもとで元市職員による横領事件が発生しており、繰り返される職員の不祥事に、市役所はどうなっているのか、と市民の不信も高まっています。

 4期目を迎える宮川体制が、この問題とどう向き合い、市民の信頼をどう回復させるのか、その決意と実行力に市民の厳しい目が注がれています。

 当選後初の定例市議会が7月4日に開会され、所信表明が行われる予定です。

 

障害者の就労支援会議に参加してきました

 6月9日、紋別市博物館の郷土学習室で開催された『障がい者就労支援連絡会 紋別』に参加してきました。


 主催は、北見市にある「オホーツク障がい者就業・生活支援センター・あおぞら」で、市内の障害者施設の関係者だけでなく、周辺自治体の職員や農協、水産加工、生協の関係者も参加し、障害者の就労支援について話し合いが行われました。

 議員での参加は私一人でしたが、多方面からの参加者に、障害者の就労支援がすこしづつではあっても、広がっていることを実感しました。

 事例として報告された「滝上リハビリセンター」で清掃の仕事に就いている知的障害を持つ青年の話は、興味深く聞きました。

 なれない清掃の仕事。

 それに戸惑う事業者側。

 障害者にどう接し、どう仕事を覚えてもらうのか。試行錯誤が続いたといいます。

 障害者の職場での支援を行う専門職「ジョブコーチ」の援助を受け職場環境を改善し、今では立派に業務をこなしているといいます。

 リハビリセンターの方は、障害者雇用という側面だけでなく、様々な面で気付くことが多く、人材育成にも役立っている。と述べていました。

 この青年も発言し、「覚えることが多く大変だった。これからは、廊下を一人でできるようになりたい。たくさんお金を貯めて、両親を旅行に連れていきたい」と語り、大きな拍手に包まれました。

 法律では、従業員50人以上の規模の企業では2%以上の障害者を雇用する義務があります。

 しかし、ハローワーク紋別管内では、対象企業15で23人程度の障害者雇用が義務付けられていますが、実際は17人程度。

 2%の雇用義務を達成している企業も7つしかない状況です。

 障害者の雇用を広げるには、私たち自身が障害者への理解を深めること、障害者トライアル雇用制度のような企業への国の助成制度を拡充すること、障害者自身も就労につながる教育や訓練を受けられる仕組みを数多く作ること、などが必要です。

 この会議には、紋別市からも障害者就労に関する報告がありました。

 就労継続A型「植物工場」を開設し、今後はグループホームの建設などを検討しており、障害者が社会の一員として、安心して紋別に住み続けられるよう、障害者就労をマチの戦略的課題に位置付けている、との発言がありました。

 それが、言葉だけにならないよう、しっかり見守っていかなければ…と思っています。

2017年5月25日木曜日

なぜ、こんな事件が繰り返される~市職員逮捕

 5月12日、紋別市職員が逮捕されるというショッキングなニュースが流れました。

 エゾシカの捕獲用のわなの入札にかかわって、業者が落札でるよう便宜を図り、見返りに100万円を受け取ったとされる加重収賄の容疑です。

 13日に記者会見を行った宮川市長は次のようなコメントを述べました。

 『昨日、当市建設部都市建築課主任菅原猛が加重収賄の容疑で逮捕されました。このたびの市職員の逮捕につきまして、誠に残念であり、遺憾に思います。市民の皆様には大変なご心配、ご迷惑をおかけしましたことに心よりお詫び申し上げます。
 
 平成27年の秋ごろから、当該職員についての匿名の投書が複数あり、そのたびに本人に対し、市で事実確認を行ったところでありますが、調査には限界があったことから、昨年12月に紋別警察署に相談し、資料の提供など捜査に協力をおこなってまいりました。
 
 市といたしましては、このような事態にならないことを望んでおりましたが、残念な結果になったところであります。今後は関係職員に対する事情聴取等もあると思われますが、従来同様、警察の捜査に誠意をもって最大限の協力をして参ります。
 
 尚、捜査の経過をふまえ、しかるべき時期に、私共として、しっかり説明責任を果たして参りたいと考えております。
 
 最後になりますが、今後とも信頼回復に、職員一丸となり、取り組んでまいりますので、ご理解をよろしくお願い申し上げます』

 事件全容は、今後の捜査にゆだねられますが、どうしても気になるのは、紋別市役所全体としての問題です。

 7年前の2010年3月、元市職員による公金横領事件が発覚しました。その時のショックは、今回の比ではありませんでした。
 
 だからこそ市はこの事件を受けて、2010年の9月に「不祥事防止アクションプラン」を作成し、翌年の2011年3月に「市職員倫理規定」と「市職員等からの公益通報に関する規定」を作成しました。

 さらに2012年3月には、「職員不祥事検証報告書及び再発防止計画書」を作成、公表したのです。

 そして2015年4月、「紋別市職員等の倫理及び公正な職務の執行の確保に関する条例」(倫理条例)を制定したのでした。

 忘れもしません。市議会も2010年9月に100条委員会を設置し、真相究明にあたりました。私も委員として、1年以上に及ぶ審議と調査を経験しました。

 さらに、「倫理条例」を制定すべきと、一般質問で繰り返し訴えてきました。

 まさに、市も市議会も血のにじむような議論と努力を重ね、二度と不祥事を起こさせないと誓い、決意したはずでした。
 
 今回の事件は、まさにこの議論の最中に起きていたのです。だからこそ、なぜと、どうしても思ってしまいます。結局、それらは「絵に描いた餅」だったのか、形だけの飾りだったのか、と。

 なぜ、こんな事件が繰り返され、なぜ、チェックできなかったのか。原因は、根が深いような気がしています。

 頑張っている多くの職員のためにも、早く信頼を回復しなければなりません。しかし、ただ規則を厳しくしたり、監視を強めたりで解決するものではありません。それは、かえって息苦しさを強めるだけです。

 公務員としての自覚と誇りを培うことが大切です。それは、住民の利益を守り、住民と一緒に街づくりを進めるという気概を持った、やりがいのある仕事であることが前提です。情報を共有し、風通しの良い職場をどう作るかです。今の紋別市役所に、それがあるのかどうか。本質に立ち入った検証が必要です。

 でも、同じことを7年前にも言っていたような気がするんですが…

  

2017年5月24日水曜日

戦争も核兵器もない世界へ~原水爆禁止平和行進

 今年も原爆被爆地広島・長崎をめざし、核兵器の全面禁止と廃絶を訴え歩く、『2017原水爆禁止国民平和大行進』が5月9日、紋別市に到着しました。

 行進者の鈴木猛さんと雄武の福原町議と興部町で待ち合わせし、硲興部町長、菊池西興部村長、長屋滝上町長をそれぞれ訪問し、ヒバクシャ署名と募金に協力していただきました。

 核兵器の禁止の話題はもちろんですが、それぞれの街づくりの話も、それぞれに興味深く楽しいものです。

 興部町ではバイオ発電の話が、西興部村ではシカ撃ちによる町おこしが、滝上町では芝桜の話が、それぞれ話題になり、今度じっくり話を聞きに来たいものだと思いました。

 その夜は、鈴木さんを囲んでの平和集会を市内で開催しました。題して「戦争も核兵器もない世界へ~私たちの未来を考えるパート6」。そうなんです。平和集会は今年で6回目。東日本大震災の年から始め、原発と核との関連などを学習してきたのです。

 今年のテーマは、「核兵器禁止条約の展望」です。鈴木さんと私とで国連での取り組みなどを報告しました。


報告する行進者の鈴木猛さん

 私も報告するにあたって、これまでの核兵器禁止に向けた運動と核保有国の動きを学ぶことができ、いい勉強になりました。

 今日の「赤旗」に「核兵器禁止条約の草案が公表された」という記事が載っていました。いよいよ、核兵器禁止条約が現実味を帯びてきたようです。期待したいですね。

 翌10日、紋別市役所、紋別市議会、紋別市教育委員会を訪問。署名と募金に協力してもらいました。

 

「共謀罪」阻止へ怒りの集会

 21日、「戦争させない、9条壊すな!紋別実行委員会」主催による「共謀罪阻止、紋別集会・アクションアピール」を「氷紋の駅」前で開催しました。

 何人ぐらい来てくれるだろうと不安もあったのですが、総勢30人以上の参加で、にぎやかに、元気の出る集会になったと思っています。



 私の出番は情勢報告。共謀罪の本質は内心を処罰すること。監視社会を強めること。「準備行為」も「一般人」も規定はあいまいで、結局捜査当局が決めてしまうこと。テロ対策にならないこと。などを話しました。そして最後に、戦前の治安維持法によって物言えぬ日本となり、侵略戦争に駆り立てた歴史の教訓を繰り返してはならない、と訴えました。


 続いて参加者からのスピーチなのですが、当初は一人ぐらいしか予定していなかったものが、次々に手が上がり5人の発言となりました。

 「国民に十分に中身を知らせないまま無理やり通そうとするのは許せない」「ダメなものはダメと自由に言える社会のためにも、私は共謀罪に反対する」「安倍首相は9条まで変えるといった。日本は戦争の歴史をきちんと学ぶべきだ。共謀罪は戦争への道につながると思う」―

 子ども連れで参加した夫婦は「子どもたちに恥ずかしくないよう、自分の意見をしっかり持ち、しっかり発言したい。だから物言えぬ監視社会はいやだ!。みんなももっと声を上げよう」と訴えました。小さな子どもたちがマイクを握るお父さんにしがみつく様子に、こちらも胸が熱くなりました。

 

 最後に、「共謀罪はただちに廃案」「共謀罪は絶対反対」とシュプレヒコールを上げ、集会を終えました。

 テレビでは国会前などで反対集会の模様が流れますが、紋別では無理では…。そんな思いもあったのですが、やはり「黙ってはいられない」と考えている市民が多くいることを実感しました。

 国会の舞台は参議院に移りましたが、たたかいはまだまだこれからです。諦めず、声を上げ続けよう。




2017年5月19日金曜日

「共謀罪」法案阻止の緊急集会を行います

 「共謀罪」法案が今、衆院法務委員会で可決されました。

 内心を処罰の対象にし、市民への監視社会を一層強めるものです。

 紋別9条の会などを中心に、「戦争法」反対集会の実行委員会として発足した「戦争させない、9条壊すな!紋別実行委員会」主催で、「『共謀罪』法案阻止、紋別集会・アクションアピール」を開催します。

 21日、10時から、氷紋の駅前です。

 監視社会をつくり、心の自由を奪い、平和を求める声を封じ込める「共謀罪」を許さないたたかいを、いっしょに始めましょう。