2017年5月25日木曜日

なぜ、こんな事件が繰り返される~市職員逮捕

 5月12日、紋別市職員が逮捕されるというショッキングなニュースが流れました。

 エゾシカの捕獲用のわなの入札にかかわって、業者が落札でるよう便宜を図り、見返りに100万円を受け取ったとされる加重収賄の容疑です。

 13日に記者会見を行った宮川市長は次のようなコメントを述べました。

 『昨日、当市建設部都市建築課主任菅原猛が加重収賄の容疑で逮捕されました。このたびの市職員の逮捕につきまして、誠に残念であり、遺憾に思います。市民の皆様には大変なご心配、ご迷惑をおかけしましたことに心よりお詫び申し上げます。
 
 平成27年の秋ごろから、当該職員についての匿名の投書が複数あり、そのたびに本人に対し、市で事実確認を行ったところでありますが、調査には限界があったことから、昨年12月に紋別警察署に相談し、資料の提供など捜査に協力をおこなってまいりました。
 
 市といたしましては、このような事態にならないことを望んでおりましたが、残念な結果になったところであります。今後は関係職員に対する事情聴取等もあると思われますが、従来同様、警察の捜査に誠意をもって最大限の協力をして参ります。
 
 尚、捜査の経過をふまえ、しかるべき時期に、私共として、しっかり説明責任を果たして参りたいと考えております。
 
 最後になりますが、今後とも信頼回復に、職員一丸となり、取り組んでまいりますので、ご理解をよろしくお願い申し上げます』

 事件全容は、今後の捜査にゆだねられますが、どうしても気になるのは、紋別市役所全体としての問題です。

 7年前の2010年3月、元市職員による公金横領事件が発覚しました。その時のショックは、今回の比ではありませんでした。
 
 だからこそ市はこの事件を受けて、2010年の9月に「不祥事防止アクションプラン」を作成し、翌年の2011年3月に「市職員倫理規定」と「市職員等からの公益通報に関する規定」を作成しました。

 さらに2012年3月には、「職員不祥事検証報告書及び再発防止計画書」を作成、公表したのです。

 そして2015年4月、「紋別市職員等の倫理及び公正な職務の執行の確保に関する条例」(倫理条例)を制定したのでした。

 忘れもしません。市議会も2010年9月に100条委員会を設置し、真相究明にあたりました。私も委員として、1年以上に及ぶ審議と調査を経験しました。

 さらに、「倫理条例」を制定すべきと、一般質問で繰り返し訴えてきました。

 まさに、市も市議会も血のにじむような議論と努力を重ね、二度と不祥事を起こさせないと誓い、決意したはずでした。
 
 今回の事件は、まさにこの議論の最中に起きていたのです。だからこそ、なぜと、どうしても思ってしまいます。結局、それらは「絵に描いた餅」だったのか、形だけの飾りだったのか、と。

 なぜ、こんな事件が繰り返され、なぜ、チェックできなかったのか。原因は、根が深いような気がしています。

 頑張っている多くの職員のためにも、早く信頼を回復しなければなりません。しかし、ただ規則を厳しくしたり、監視を強めたりで解決するものではありません。それは、かえって息苦しさを強めるだけです。

 公務員としての自覚と誇りを培うことが大切です。それは、住民の利益を守り、住民と一緒に街づくりを進めるという気概を持った、やりがいのある仕事であることが前提です。情報を共有し、風通しの良い職場をどう作るかです。今の紋別市役所に、それがあるのかどうか。本質に立ち入った検証が必要です。

 でも、同じことを7年前にも言っていたような気がするんですが…

  

2017年5月24日水曜日

戦争も核兵器もない世界へ~原水爆禁止平和行進

 今年も原爆被爆地広島・長崎をめざし、核兵器の全面禁止と廃絶を訴え歩く、『2017原水爆禁止国民平和大行進』が5月9日、紋別市に到着しました。

 行進者の鈴木猛さんと雄武の福原町議と興部町で待ち合わせし、硲興部町長、菊池西興部村長、長屋滝上町長をそれぞれ訪問し、ヒバクシャ署名と募金に協力していただきました。

 核兵器の禁止の話題はもちろんですが、それぞれの街づくりの話も、それぞれに興味深く楽しいものです。

 興部町ではバイオ発電の話が、西興部村ではシカ撃ちによる町おこしが、滝上町では芝桜の話が、それぞれ話題になり、今度じっくり話を聞きに来たいものだと思いました。

 その夜は、鈴木さんを囲んでの平和集会を市内で開催しました。題して「戦争も核兵器もない世界へ~私たちの未来を考えるパート6」。そうなんです。平和集会は今年で6回目。東日本大震災の年から始め、原発と核との関連などを学習してきたのです。

 今年のテーマは、「核兵器禁止条約の展望」です。鈴木さんと私とで国連での取り組みなどを報告しました。


報告する行進者の鈴木猛さん

 私も報告するにあたって、これまでの核兵器禁止に向けた運動と核保有国の動きを学ぶことができ、いい勉強になりました。

 今日の「赤旗」に「核兵器禁止条約の草案が公表された」という記事が載っていました。いよいよ、核兵器禁止条約が現実味を帯びてきたようです。期待したいですね。

 翌10日、紋別市役所、紋別市議会、紋別市教育委員会を訪問。署名と募金に協力してもらいました。

 

「共謀罪」阻止へ怒りの集会

 21日、「戦争させない、9条壊すな!紋別実行委員会」主催による「共謀罪阻止、紋別集会・アクションアピール」を「氷紋の駅」前で開催しました。

 何人ぐらい来てくれるだろうと不安もあったのですが、総勢30人以上の参加で、にぎやかに、元気の出る集会になったと思っています。



 私の出番は情勢報告。共謀罪の本質は内心を処罰すること。監視社会を強めること。「準備行為」も「一般人」も規定はあいまいで、結局捜査当局が決めてしまうこと。テロ対策にならないこと。などを話しました。そして最後に、戦前の治安維持法によって物言えぬ日本となり、侵略戦争に駆り立てた歴史の教訓を繰り返してはならない、と訴えました。


 続いて参加者からのスピーチなのですが、当初は一人ぐらいしか予定していなかったものが、次々に手が上がり5人の発言となりました。

 「国民に十分に中身を知らせないまま無理やり通そうとするのは許せない」「ダメなものはダメと自由に言える社会のためにも、私は共謀罪に反対する」「安倍首相は9条まで変えるといった。日本は戦争の歴史をきちんと学ぶべきだ。共謀罪は戦争への道につながると思う」―

 子ども連れで参加した夫婦は「子どもたちに恥ずかしくないよう、自分の意見をしっかり持ち、しっかり発言したい。だから物言えぬ監視社会はいやだ!。みんなももっと声を上げよう」と訴えました。小さな子どもたちがマイクを握るお父さんにしがみつく様子に、こちらも胸が熱くなりました。

 

 最後に、「共謀罪はただちに廃案」「共謀罪は絶対反対」とシュプレヒコールを上げ、集会を終えました。

 テレビでは国会前などで反対集会の模様が流れますが、紋別では無理では…。そんな思いもあったのですが、やはり「黙ってはいられない」と考えている市民が多くいることを実感しました。

 国会の舞台は参議院に移りましたが、たたかいはまだまだこれからです。諦めず、声を上げ続けよう。




2017年5月19日金曜日

「共謀罪」法案阻止の緊急集会を行います

 「共謀罪」法案が今、衆院法務委員会で可決されました。

 内心を処罰の対象にし、市民への監視社会を一層強めるものです。

 紋別9条の会などを中心に、「戦争法」反対集会の実行委員会として発足した「戦争させない、9条壊すな!紋別実行委員会」主催で、「『共謀罪』法案阻止、紋別集会・アクションアピール」を開催します。

 21日、10時から、氷紋の駅前です。

 監視社会をつくり、心の自由を奪い、平和を求める声を封じ込める「共謀罪」を許さないたたかいを、いっしょに始めましょう。





2017年5月12日金曜日

おふくろの13回忌

 先日、おふくろの13回忌を行いました。

 久しぶりに里帰りした息子と娘、札幌の妹夫婦、紋別のいとこ夫婦といった身内ばかりの法要です。

 あれから13年か、と思います。76歳でした。
 
 父を早くに亡くし、晩年は耳が全く聞こえない状況でした。入院してから、あっという間に逝ってしまいました。

 振り返ると、後悔が募ります。入院して間もなく、呼吸を楽にするため気管を切開し人工呼吸器を装着しました。その時から、話すことができなくなりました。

 医師は、いずれ装置を外し、元のようになる、と言っていたのです。だから私も承知しました。

 しかし、事態は好転しませんでした。最後まで、人工呼吸器は外せなかったのです。
 
 何も聞こえないまま、話すこともできないまま……

 何か言いたいことはなかったのだろうか。今もふとそんなことを思います。

 あれから13年。めったに帰ってこない息子、娘が今夜はいます。おふくろに会いに来ています。久しぶりの一家団欒です。

 おふくろ、ありがとう
 

 

しゃべり場inオホーツク

 先日、「しゃべり場inオホーツク」という催しに参加してきました。

 といっても、10人程度のこじんまりとした集まりですが、それがなかなか中身の濃い集まりでした。

 今の時代、今の政治状況に疑問を感じ、自分たちにも何かできないか、と集まったメンバーたちです。私にとって、多くが初対面です。

 最初に声をかけたKさんは子育ての真っ最中。それだけに閉塞した今の社会、戦争法や共謀罪といった平和や民主主義、内心をも踏みにじる政治状況に疑問を感じるといいます。この子らに、このままの社会を引き継がせるわけにはいかない、といいます。

 だからこそ、職場などではなかなか言えない思いを自由にしゃべろう、語り合おう、というのです。

 もちろん市議会議員は私一人。議会とはどんなところなのかと、いろいろ質問も出ました。

 政治に環境問題に子育てと、話は次々と展開します。でも、出た結論は、もっともっと知らなければならないことがたくさんあること、真実を見極める目を持つ必要があるということでした。

 みんなで、この会をさらに続けようと確認し合いました。

 参加者に子育て世代が多いため、会場には子どもがたくさん。走り回る子どもたちに思わず目を細めながら、「平和が一番」とあらためて思いました。

 若い人たちを中心に、こんな場ができたこと。私も参加できたこと。嬉しく思い、今後が楽しみとなりました。

市政報告会を行いました

 4月23日、3月議会の報告を中心に「野村淳一市政報告会」を、郷土博物館の郷土学習室で行いました。

 18人の皆さんが参加してくれました。


 3月議会では、おおきく4つの項目を取り上げました。地域医療、介護事業、障害者福祉、子育て支援です。

 地域医療の問題では、特に病床数を一方的に削減する「地域医療構想」を取り上げ、ますます医療難民が増加すると訴えました。この地域のセンター病院である「広域紋別病院」とも、紋別医師会とも、もちろん北海道の「紋別保健所」とも意見交換をさせていただきながら、質問を準備しました。

 介護保険事業では、とくに地域支援事業における包括的支援事業について質問しました。そのなかでも、来年度には実施が義務付けされている「認知症初期集中支援チーム」と「認知症サポート医」についてただしました。特にサポート医の確保には、市の担当者も苦労をしています。そのために、紋別市として独自の支援措置を実施するとしたことは評価できます。視察に行ってきた砂川市の例なども大いに参考になりました。

 障害者福祉では、「植物工場」における紋別高等養護学校の卒業生の雇用についてただしました。積極的に高等養護の卒業生を雇用するよう「雇用枠」を設けるというのですが、その分、事業所の運営が厳しくなることも考えられ、検討が必要です。この間、市や事業所と何度も懇談し、意見を交わしてきました。

 子育て支援では、妊婦健診の公費負担の回数の拡大、乳幼児の紙おむつ用ゴミ袋の無料支給、保育士の賃金アップ、ひとり親家庭への資格取得補助の実施、就学援助の対象費目の拡大といった成果がありました。また、就学援助の新入学準備費の3月支給も検討する、との答弁がありました。他市の議員さんからの情報や子育て中のお母さんから、多くの意見を頂戴し、質問を準備しました。

 これらの内容を報告し、その後会場から様々な質問や意見が出されました。

 特に国保についての質問は、大いに関心を呼びました。来年度から都道府県化する国保事業。いったい、どう変わるのか、国保税はどうなるのか、当然関心も強くなります。

 今のところ、道の試算が出ていますが、紋別市の場合は引き上がる予定です。しかし、払うの限界です。引き上げを抑えるために市としてできることは何のか。次の議会の重要なテーマとなりました。